留学すると一目瞭然?日本と外国の大学のちが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入学の基準

アメリカには驚くほど多くの大学があります。
2年制も含めると約4,000校で、イギリスの約100校、カナダの90校などと比較してもその数の多さは群を抜いています。
これだけ多くの大学の中から自分の行きたい大学を見つけることは至難の業と言ってもいいかもしれません。
また仮に行きたい大学を見つけたとしても、どうすれば合格できるのかといった基準を知ることがとても難しいのです。
日本の大学に進学する場合であれば、自身の偏差値を基準にして線引きをすることも可能でしょう。
しかしアメリカには日本での偏差値のようなものがありませんので、偏差値を用いて留学先を選択することはできないのです。
アメリカの大学の入学基準は多種多様です。
「成績半分、人格半分」という判断基準もあるようですし、「州内なら成績が悪くても可」という大学もあるようです。
留学したいと思う大学の入学基準、合格基準について調べるというのが大学留学への第一歩と言えるかもしれません。
もちろん最低限の語学力は必要ですが、語学力があるだけでは入学することはできないのです。
アメリカに偏差値システムはありませんが、SAT(大学進学適性試験)というものがあり、そのスコアが目安になる場合があり、ガイドブックなどに入学難易度が載っていますので合格基準の参考にはなるでしょう。
また2年制の州立コミュニティカレッジは入学基準が低いため、日本人留学生にとっては入りやすいと言われています。
コミュニティカレッジから4年生大学に編入することも可能ですので一つの選択肢となるでしょう。
Copyright (C)2017留学すると一目瞭然?日本と外国の大学のちが.All rights reserved.