留学すると一目瞭然?日本と外国の大学のちが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの大学

大学留学を志す場合、多くの人がアメリカへの留学を希望しますが、アメリカの大学の特徴や大学選びのポイントについて考えてみましょう。
アメリカは広大な国土があり、東西南北によって気候や歴史、人の気質など全てにおいて違いがあり、州それぞれが小さな国と感じるほどです。
数年間に渡って生活する上で、気候風土はとても重要な要素となりますので、地域の気候についても事前に調べておくことが大切です。
一般的には東部から北東部地域の教育レベルが高いと言われており、特にメイン州やニューハンプシャー州、マサチューセッツ州などがあるニューイングランド地方には名門と言われるような伝統ある大学が沢山あります。
大学によって規模は色々ですので、まずは行きたいと思う大学について事前に色々と調べ、比較検討してみましょう。
大学自体の規模は大きくても、自分が専攻したい学科の規模が小さいという場合もあるでしょうし、大学自体の規模は小さくても、専攻したい学科の規模は大きいといった場合もあります。
大学そのものの規模も重要かもしれませんが、自分が学びたいと思っている学科の規模を知ることはとても大切なことです。
学科の規模を比較する際には、教授の数、学生の数、専攻課程の数、科目の数などについて調べてみましょう。
上記の数が多いほどその学科は大きな規模を誇っていると考えることができます。
もちろん、少数精鋭を特徴にした大学もあると思いますので、専攻したい学科が決まっているような場合には、その学科に特化した情報を入手することが大切です。
Copyright (C)2017留学すると一目瞭然?日本と外国の大学のちが.All rights reserved.