留学すると一目瞭然?日本と外国の大学のちが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学留学のすすめ

高校卒業の進路選択としては就職、大学への進学といったものがほとんどですが、中でも最近は少子化によって大学への進学率が非常に高くなっています。
大学に進学する場合、文系、理系、国公立、私立といった選択となるのが一般的でしょうが、もう一つ「留学」という道もあります。
つまり海外の大学に入学するという進路です。
大学留学を考える場合、アメリカの大学への進学を希望する人が非常に多いです。
社会人になってからの語学力と言う面でもアメリカ留学は有効でしょうし、国際感覚を養うと言う意味においてもアメリカは非常に魅力的な国と言えるでしょう。
アメリカの大学の場合、日本のように文系、理系、体育系、美術系などといった学部に分類するという発想がなく、ある意味大学在学中に自分の進むべき方向性を見つけるということも可能というのが大きな魅力です。
日本の場合は大学に入ること、つまり入学試験に合格することがゴールになってしまっている場合が多いのですが、アメリカの場合入学は正にスタートとなるのです。
自分が何をやりたいのか、自分は何が好きなのか、あるいは社会にはどんな仕事があるのかといったことを高校生の時代に見極めることは非常に困難です。
半分大人の仲間入りをする大学時代こそ、様々なものが見えてくるのではないでしょうか。
そんな大切な時期、アメリカをはじめ海外で過ごすことは、人生にとって非常に大きな意義があると思います。
もちろん親元を離れて海外で生活することは色々と大変だとは思いますが、得られるものはそれ以上であると言えるでしょう。
Copyright (C)2017留学すると一目瞭然?日本と外国の大学のちが.All rights reserved.